便秘解消ドクターに聞く【快便生活のススメ】

便秘解消

*

便秘になった時の便の形はこれだ!

      2015/07/13

110611

便秘は、全てが一色単の症状を表すわけではありません。
その症状や、その症状が発症した原因を突き止めるには、便の形を見るのが一番です。

「便なんて汚らしいから見るのも嫌だ」と言っていては、いつまでたっても便秘の原因が突き止められず、個人に見合った便秘改善方法が見つからないままになってしまいます。

少しでもお通じがあった日にはちらりとでも確認し、便秘が解消できるよう意識していきましょう。

便の形・・・コロコロ

323

まるでうさぎのうんちのようにコロコロとして硬そうな便の形をしているものがあります。
この便の形に多い便秘の原因は、水分不足が考えられます。

便はある程度水分を含みほどよくやわらかい状態でないと肛門が傷ついてしまうため、通常は出てきません。

しかし便秘の際にはどうしても出したい気持ちから力んでしまうため、水分が大幅に減った状態のコロコロうんちが出てきてしまうのです。

1日1L~2L以上は水を飲むようにしつつ、汁物の食事からも水分摂取していきましょう。

便の形・・・べっとりねっとり

181

栄養が足りていないばかりか、便になるための最低限のエネルギー源(炭水化物)さえも不足してしまっているようです。

この便秘が続けば、腸が全く働かなくなり、人工肛門などを使用するような重大な病気につながるおそれも高くなります。

すぐにでも食事の量自体を増やし、適度な栄養摂取を心がけていくべきです。

便の形・・・細長くとぎれとぎれ

c0b9eb28bc484b2578bc23388e751dfc_s

腸内環境が悪くなっている、または食物繊維が足りていないときの便秘でありがちです。

乳酸菌や葉酸、食物繊維の含まれた食材を食事に取り入れ、腸内環境を良好にしていく必要があるでしょう。

便秘でないときの便の形

便秘が治ったかどうかは、正常な便の形を覚えておくことですぐに分かります。

正常な状態のときの便の形は、バナナのように太く均一で、嫌な臭いもあまりしません。
何しろ毎朝のようにスムーズに便が出るため、気分が憂鬱になることもありません。

それでは早速明日から、便の形をチェックしてみることから始めてみましょう!

快便生活のヒントに、便秘のマメ知識

 - 便秘のマメ知識